出産内祝いの,のし紙の書き方

お子さまの出産祝いには、さまざまな方から贈り物をいただくかと思います。 以前は出産の後、出産をした家から親類縁者に贈り物を届けるというのが 一般的だったようですが、最近では出産祝いのお返しが「内祝い」と されているのだそうです。

結婚の引き出物や水引には、一度きりのお祝い事という意味で 結びきりという水引が使われていますが、 出産は何度あってもよいお祝い事なので、水引には 蝶結びというリボンのような形の水引を使うのだそうです。

結婚の引き出物や内祝いの水引には十分注意が必要ですね・・・。 自分のことを思い返してみても、果たしてきちんと結びきりが 使えていたかどうか・・・内心冷や汗ものだったりします。 そういうことのないように、のしをつける場合には カタログギフトの木村陶器楽天ショップさんのような プロにお任せするのが一番安心です・・・。

話を戻し、出産内祝いののしの書き方ですが、 水引の上には「内祝」、水引の下には子どもの下の名前を書くのが 一般的なようです。

最近は子どもの名前の読み方がむずかしくなっているという 風潮があるようですから、当て字を使った名前をつけたという方は あわせてふりがなを書いてもらうとよいかもしれません。

たとえば宇宙と書いて「そら」と読むような名前を子どもにつけた場合です。 突然、「内祝、宇宙」というのし紙の贈り物が届いても 「???」となってしまう方もおられるかもしれません。

ただし、最近は凝った名前をつける方も多いそうで、 マナーや形式にそって作ったのし紙でも誤解を招くこともありそうです。

たとえば「心愛(ここあ)」という名前で出産内祝いを贈ると、 「最近はのし紙に、中身が何入ってるかを書くのね」と 誤解されるようなこともあるのかもしれません(*^_^*)

写真入りの出産メッセージカードが無料なんですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>